UNV
成功事例
戻る
ウクライナキエフ国際空港
2015.06.09

背景

先ごろ、キエフ・ジュリャーヌィ国際空港は監視システムをUniview製品に変更しました。空港はウクライナの首都キエフの住宅街の近郊に位置しています。その輝かしい歴史は1924年までさかのぼることができます。現在空港は一連の開発プロジェクトを施工中であり、運営チームは「ウクライナ国内だけでなく世界的に誇れる最高の」国際空港を建設しようとしています。セキュリティプロジェクトを推進することにより、この空港を利用する旅行客に十分な安全業務が提供されします。

ソリューション

Univiewが提供するソリューションは、視覚情報を記録する昼夜兼用のIPカメラと、ストレージとして動作するプロ用NVRから構成されています。

特徴

WDR: 空港は大量のガラスで囲まれているため、一部の監視エリアに強い光が入射する恐れがあります。当社のバレットカメラには画質を向上させるWDR機能が搭載されているため、顔や荷物などの重要な情報を簡単に識別することができます。

赤外線反射防止ガラス: 飛行機の発着時刻は不規則であるため、空港は基本的にノンストップで運営されます。そのため30メートルの赤外線距離まで撮影したいという運営チームの要望に応えて赤外線反射防止ウィンドウ付きのUniview固定ドームが設置されました。セキュリティ保護の要件を満たすべく、夜間撮影の画質を改善しました。

プロ仕様のNVR: ビデオデータを安定かつ確実に処理して保存するため、本ソリューションでは4ch同期インスタント再生、高精度検索、最大1080pまでのHDMI出力を備えたUniview 16ch NVRが採用されました。これにより監視管理チームはビデオセグメントを効率良くモニタリングできるようになりました。

結果

空港は、光に関する条件が他の用途と異なるため、安定性と信頼性の確保が非常に難しい独特な場所です。数百万人の乗客を日夜保護すべく、Univiewは、高品質で機能的なソリューションでその難題を解決しました。

今すぐお問い合わせ